ヘルペスのくすり・バルトレックスが簡単に通販できた♪

バルトレックスの通販

バルトレックス(バラシクロビル)を通販で買ってみよう!と思い立ったものの、通販サイトがたくさんありすぎて、「どこで」「いくらで」買ったら良いのか迷ってしまいます。それにせっかく買うなら、お得に安く買いたいものです。バルトレックスの通販サイト選びは、迷わずに簡単に解決できる方法があります。

この記事では、グラクソ・スミスクライン社正規品のバルトレックスを購入できるサイトを紹介。お金を払ったのに商品が届かない、なんていう損をしないように、実際に試してみた通販サイトを比較して紹介します。バルトレックスの使い方やヘルペスの治し方も、詳しく紹介します。

バルトレックスは通販で簡単・お得に買えます

海外の通販(個人輸入代行)サービスとは?

バルトレックスは、個人輸入を代行している通販サイトを使うことで簡単かつお得に購入することができます。

個人輸入とはその名の通り、海外の商品を個人が取り寄せることです。輸入と聞くと、手続きが面倒な印象を覚えるかもしれません。

しかし、通販サイトを使えば、面倒な手続きが必要ありません。通販サイトを運営している業者が、輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれるからです。通常の通信販売サイトを利用するのとほとんど変わらないような感覚で、バルトレックスを注文することができます。

商品は1週間から2週間で届きます。

通販でバルトレックスを購入するときは、気をつけなければならないこともあります。

例えば、個人輸入で購入した商品は、転売・譲渡はできません。薬機法や関税法に違反し、最悪の場合罰せられることになります。個人輸入は、商品を個人が使う場合にのみ認められます。

通販サイトはたくさん存在しますが、中には悪質なサイトもあるので注意しましょう。なるべく運営日数が長く、インターネットのクチコミなどで評判がよいところを利用するのが安心です。

通販で買えば病院より簡単で安い

個人輸入代行している通販サイト利用すれば、病院でバルトレックスを買うよりもずっと安い価格で購入することができます。

日本国内で入手しようとすると、病院で処方してもらう必要があります。そうなると、薬代だけでなく診察料や検査料などもかかります。

費用が高いからといって治療を途中でやめてしまうと、症状が悪化し、周りにも感染が広がってしいます。

通販サイトなら診察料や検査料は不要です。処方せんを書いてもらう必要もなく、薬の代金だけでOKなので非常に安上がりです。薬の値段も日本国内で購入するよりも安くなるので、とても経済的といえるでしょう。

個人輸入代行を利用するのは難しそうと思うかもしれませんが、実はとても簡単です。輸入に必要な手続きは業者が代わってくれるため、日本国内の通販サイトを利用するのとほとんど同じ感覚で注文できます。

通販サイトで薬を購入する場合は、まとめ買いをするのがおすすめです。まとめ買いをすると、通常の価格から割引されます。余分に買っておき、常備薬としてストックしておけば、ヘルペスが再発したときもすぐに対処できます。

また、個人輸入代行サイトの中には、ポイント制度を採用しているところも多いです。購入するごとにポイントがもらえ、次回の買い物で利用することができます。

怪しいサイト・偽物に注意

バルトレックスを購入するなら、個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用するのがおすすめです。ただし、偽物の薬や悪質サイトには注意しましょう。

個人輸入で流通している薬には、偽物が紛れていることがあります。

偽物の薬には、有効成分が入っていなかったり、治療に関係のない成分が含まれていたりします。そのような薬を使用すると、病気が治療できないどころか、思わぬ健康被害で命を落とす恐れがあるのです。

また、通販サイトの中には、悪質なサイトも存在します。そのようなサイトを利用すると、商品が届かず、お金を騙し取られる可能性があるのです。

通販で購入した薬が原因のトラブルは、すべて自己責任となります。

病院で処方された薬が原因で健康被害を受けた場合、「医薬品副作用被害救済制度」によって治療費が保障されます。しかし、通販で購入した薬によるトラブルでは、この制度は適用されません。

個人輸入代行サービスで購入した薬を、用法・用量を守らずに使用し、重篤が副作用が出たという事例も報告されています。バルトレックスももちろん、用法・用量はしっかり守って利用するのが鉄則です。

ヘルペスも帯状疱疹もこれひとつ!バルトレックスの実力

バルトレックスの適応症

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスに効果があり、治療において最も推奨されている医薬品です。造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症の治療にも効果があります。

日本性感染症学会が発行している治療ガイドラインにおいても、使用が推奨されています。

単純ヘルペスウイルスは非常に感染力が強く、性行為を始めとして、感染者の使ったタオルやコップなどからでも感染することがあります。また、感染症状が現れていない感染者からうつることがあります。

ヘルペスウイルスは、1度感染してしまうと、体内から完全に排除することができません。症状は治まっても、生き残ったウイルスは、頭部にある三叉神経節に潜り込みます。疲労やストレスなどで体の抵抗力が落ちると、再活性化して症状が再発してしまうのです。

バルトレックスには、ヘルペスの再発を予防する効果もあります。

1年に6回以上再発を繰り返す場合、1年間バルトレックスを飲み続けることで、再発の頻度を減らすことができます。この治療によって、およそ7割の患者に予防と再発抑制の効果があります。再発してしまった場合でも軽度な症状に留まる上、感染力もおよそ4分の1に低下することが確認されています。

有効成分・バラシクロビルはウイルスの増殖を抑える

バルトレックスは、現在主流となっているヘルペスや帯状疱疹の治療薬です。有効成分は「バラシクロビル塩酸塩」で、ヘルペスウィルスのDNA複製を阻害し、増殖を抑制する働きがあります。

ヘルペスは再発率の高い病気であるため、1度発症したら繰り返し発症してしまう人がほとんどです。

バルトレックスは、プロドラッグと呼ばれる薬の1種です。
プロドラッグとは、体内で代謝されることで、薬が持つ本来の働きや効能を発揮する薬のことです。普通の薬よりも、有効成分が効率よく働くという特長があります。

バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、服用して体内に入ると、肝臓で代謝されます。バラシクロビルは、肝臓で代謝されると「アシクロビル」という成分に変化します。このアシクロビルが、ヘルペスウイルスのDNA複製を阻害し、増殖できなくするのです。

バルトレックスが開発される前は、アシクロビルが有効成分として含まれたゾビラックスが、ヘルペスの主な治療薬でした。アシクロビルは、作用が始まる前に肝臓で代謝されるため、効き目が弱くなってしまいます。

バラシクロビルは、代謝されてからアシクロビルに変化します。そのため、代謝によって効果が弱まることがないのです。

バルトレックスは2種類・錠剤と顆粒

バルトレックスの錠剤は、他の薬に比べて大きく、小さな子どもは飲みにくいというデメリットがあります。

小さな子供や、大きな錠剤をうまく飲み込めないという人のために、バルトレックスの顆粒タイプも作られています。

バルトレックスは、ヘルペスの治療のほかに、水痘の治療薬としても用いられます。そのため、小児科では子供でも飲みやすい顆粒状の薬を取り扱っています。

バルトレックス顆粒は、多少においが気になりますが、用量調節がしやすく子供でも飲みやすいのが特長です。

バルトレックス顆粒は、錠剤のものと作用と効果が同じです。そのため、大人も使うことができます。

嚥下障害のある高齢者などにも、バルトレックス顆粒が出されることがあります。

バルトレックス錠が開発されて認可されたのが2000年のことですが、バルトレックス顆粒が開発されたのはそれから7年後です。

錠剤が大きく、子供がのみにくいとの指摘を受けて臨床実験が行われ、2007年に小児の水痘の治療の効能が追加されました。その数カ月後、水痘の成人に対する効能が追加され、現在では広く顆粒状の薬が用いられています。

バルトレックスの価格・病院と通販で比較

病院処方はおよそ4,500円・薬代以外のお金も

バルトレックを病院で処方してもらうには、薬代以外にもかかる費用があることを忘れてはなりません。

病院では、診察料と検査料がかかります。初めて病院に受診したときの診察料は初診料といわれ、以降の診察料に比べて高くなります。診察料は、病院を受診するたびにかかります。その金額は、おおよそ4500円です。診察や検査に1500円、バルトレックスの処方に3000円ほどかかります。

処方できる日数が限られており、1回の診察でもらえる薬は最大で5日分です。そのため、ヘルペス再発した際はその都度、病院に行く必要があります。

バルトレックスの薬価は500㎎1錠で375.7円です。

バルトレックスを扱っているのは性病科や皮膚科、女性であれば婦人科で処方を受けることができます。ヘルペスは、早期に対応することで回復もスムーズになります。ヘルペスの症状に気づいたら、すぐに病院に行きましょう。

病院では薬代というよりも、それに付随する費用が多くかかってきてしまうことを覚えておきましょう。
また、出かける手間と時間も必要です。

通販の最安値は1錠あたり130円

バルトレックスは、個人輸入を代行している通販サイトを利用すれば、病院に行かなくても入手できます。

大手の通販サイト「オオサカ堂」「あんしん通販マート」「アイドラッグストアー」で販売されている、バルトレックスの価格を見ていきましょう。

オオサカ堂ですが500㎎が42錠で6069円です。1錠の価格は145円になります。

あんしん通販マートでは500mg10錠が1箱4280円で販売されています。1錠あたりの価格は、428円です。40錠に換算すると15000円以上になります。

アイドラッグストアーの値段は500㎎42錠タイプで5480円、1錠あたり130円と、大手サイトの中で最も安価です。また、アイドラッグストアーでは、1000mgがだと21錠で1箱3780円で販売されています。

どのサイトも、まとめ買いをすることでさらに安くなります。また、通販サイトではポイント還元もされます。

オオサカ堂は、送料が一律で無料です。あんしん通販マートは、まとめ買いによる割引率が高いのが特長です。アイドラッグストアーでは、定期購入を申し込むことで、商品の価格が100円割引されます。

病院と通販の違いは薬剤費以外が必要か不要か

バルトレックスを病院で処方を受ける場合と、通販で購入する場合で価格が異なるのには理由があります。

一方、病院の場合は薬代に加え、診察代や検査台、調剤料など、様々な費用がかかります。

通販サイトでバルトレックスを買う場合、こうした費用はかかりません。そのため、同じ薬でも価格に差があるのです。

薬には薬価が定められています。薬価とは、国が決めた薬の公定価格のことです。バルトレックスはどの医療機関でも、同じ値段(375.7円)で取り扱われています。

ヘルペスの治療は健康保険が適用されます。そのため、患者が払う費用は、もともとの額の3割となります。別の言い方をすれば、保険が適用されれば、費用が7割引されるということです。

診察や検査といった病院の処置にも、「診療報酬」という価格が決められています。

診療報酬には、点数がつけられており、1点=10円として扱われます。診察を受けた後にもらえる領収証を見れば、どの項目にどれだけの点数が振られているのか、確認できます。

薬の値段や処置にかかる費用は国によって決められています。一方、通販サイトではそのような決まりはありません。そのため、薬の価格はサイトの裁量によって決まります。

おすすめのバルトレックス通販サイトを紹介

創業22年・老舗のオオサカ堂

オオサカ堂は、1997年から運営している大手の個人輸入代行サイトです。RoyUnionという会社が運営しています仕入れルートも正規店と取引のある大手ばかりで、類似品が混ざらないように細心の注意を払っています。

サイトは商品が見やすくて、初心者でも迷わずに注文することができます。もともと値段はどれもリーズナブルですが、嬉しいことに全品、1品からでも送料無料です。

さらに複数注文割引というシステムもあって、まとめて買うことで単価が安くなります。

また、商品によっては、値引き交渉が可能です。どのくらい安くなるのか、基準は明示されていませんが、交渉次第でさらに安くなります。相談してみる価値はあるでしょう。

また、継続的に買い物をしていると、会員ランクが上がって、ポイント還元率が高くなっていきます。また、お得な情報や案内が来るメリットもあります。

オオサカ堂では、送料が一律無料です。そのため、かかる費用は商品の価格のみです。ただし、1度に大量に注文すると、関税がかかる可能性があるので注意しましょう。

まとめ買いの割引率が高い・あんしん通販マート

あんしん通販マートは以前は「あんしん通販薬局」という名前でした。Online Direct Network Limitedという会社が運営しており、割引率の高さやキャンペーンが多いことで人気です。

あんしん通販マートでは、購入代金の5%がポイントとして還元されます。また、まとめ買いすることで価格が割引されます。まとめ買いの割引率の高さが、あんしん通販マートの強みです。

継続的に飲み続けるタイプの薬医であれば、何度も注文するよりも手間も省け、値段も抑えられるので一石二鳥です。

送料として700円かかりますが、7000円以上注文することで無料になります。

他のサイトには無いコンビニ決済ができます。コンビニなら自宅近くでも出先でも払い込みができますし、クレジットカードがない方でも購入できます。

自分の好きなタイミングで支払いが済ませられるので、早くほしい時にも便利ですし、現金で払いたい方にも好評です。さらに、電話でも注文が可能です。サイトの使い方がわからないという人は、電話で注文してみるとよいでしょう。

大手唯一の国内運営・アイドラッグストアー

日本国内の会社の方が安心できるという人は、アイドラッグストアーがおすすめです。

サイトを運営しているのは、東京人形町にある「オズ・インターナショナル」です。人形町には実店舗も構えており、薬剤師が常駐しています。海外の薬やサプリメントも扱っていますが、比較的、日本の一般的なドラッグストアに近い感覚で利用できます。

アイドラッグストアーでは、定期購入を受け付けています。申し込むと、毎月決まった日に商品が届くだけでなく、価格が100円割引されます。長期的に使う薬を購入する際は、定期購入を申し込むとよいでしょう。

販売されている薬のことでわからないことがあれば、電話やメールで薬剤師に聞くことができます。

送料も1200円以上です。1200未満の注文だと380円かかります。しかし、サイト内で扱っている薬は、1箱1200円以上するものが多いです。そのため、送料がかかることは少ないでしょう。

支払い方法はクレジットや銀行振り込みの他に、NP後払いがあります。
NP後払いとは、商品の到着後に送られる振込用紙を使い、コンビニや銀行や郵便局で払えるシステムです。

商品を確認してから払うので、初めての方でも安心して購入できます。手数料は200円かかりますが、不安が残る人には嬉しい支払い方法です。